古き良き街並みに調和する|数々の要望を叶えてきたプロ集団|国分建設で拘りの住まいをGET

数々の要望を叶えてきたプロ集団|国分建設で拘りの住まいをGET

スーツ

古き良き街並みに調和する

女性

景観を大切に考えること

河原町と聞くと、京都の繁華街を想像さる方が多いのですが、河原町にも繁華街から少し離れると戸建ての住宅は多く存在します。しかしながら、古都である京都特有の鰻の寝床と呼ばれる間口が狭く、奥に長いという独特の土地であることが多いです。京都の中心的な繁華街ですから、戸建ての土地一区画分がそれほど大きくないのです。また、古民家が多く並ぶ土地でもありますので、河原町で新築の戸建て住宅を建てるのであれば、注意すべきことがあります。まずは、景観を保つということです。新築物件であっても、町の風情を保つ必要があります。余りにも個性的な建物では近隣の方々から受け入れられません。古き良き街並みになじめるよう、外装を工夫することによって、近隣住民と良き関係を築けることにも繋がるでしょう。

注意点を考慮して建てる

また、河原町という場所柄、新築戸建て住宅であっても駐車スペースを確保することは難しいです。なぜなら先にも述べたように、土地の一区画が大きくない為、建蔽率や容積は最大に設定されていることがほとんどです。住宅スペースを確保するには、土地いっぱいに建物を建てる必要があるのです。もちろん、容積も大きめに設定されていますが、それでも一階部分を駐車スペースとして使ってしまうと、住宅スペースを十分に確保できなくなってしまいます。しかしながら、河原町であれば、公共交通機関が複数あり、車のない生活でもそれほど不便を感じることはありません。むしろ、バスで渋滞する道を自家用車で移動するよりも、スムーズに移動できます。上記の事柄を意識して、物件を賢く探しましょう。